ホームゴルフレッスンカン違いだらけのスイング・アドバイス
カン違いだらけのスイング・アドバイス 提供:月刊カジュアルゴルフ
 
 

トップでは右肘が右脇から離れないようにしなさい。

昔、ゴルフはカッターシャツを着てプレーしていたのをご存じですか? この言葉はきっとその頃からの名残りだと思います。カッターシャツは伸縮性がないので、当然トップの位置で右肘と右脇が近い距離になってしまいます。そのトップの形を見てこのような言葉が生まれたのだと思います。ハーフショットや低いボールを打ちたいときは別ですがフルショットでは右肘と右脇が離れるのが自然。右肘の角度と右脇の位置関係はボールを投げるときのフォームと同じなので、一度確認してみて下さい。

テークバックの最初の30cmは、ヘッドをまっすぐ後ろに引きなさい。

これは、テークバックでクラブをインサイドへ引きすぎる人を矯正するために言われたことでしょうね。しかし、実際に「まっすぐ後ろに引く」というイメージを持たなくても、普通にテークバックすれば30cmくらいの距離はまっすぐ引けているものです。逆に「30cmまっすぐ引かなければ」と意識しすぎると実際は60cmくらい引いてしまうことになりかねません。そうなってしまうと手がどんどん体から離れていくことになり、正しい捻転ができなくなります。結果的にスイングバランスが崩れ、飛距離のロスになってしまうので注意して下さい。

ボールを投げるフォームを参考に、右肘の角度と右脇との位置関係を確認してみましょう。

打とうとするボールから30センチ後方に別のボールを置いてみます。この状態でテークバックを始めると、よほどインサイドに引かない限り、後方のボールに当たってしまうことがわかるでしょう。「まっすぐ後ろに引く」と意識しすぎるのも問題です。

なるべく左肘を伸ばしたままテークバックしなさい。

 

トップでクラブと地面が平行になるようにテークバックしなさい。

確かにプロのスイングの連続写真を見ると、皆テークバック時に左肘が伸びています。しかし、プロたちはストレッチなどで可動範囲を高めるトレーニングをし、その結果として左肘が伸びても無理のないスイングを手に入れているのです。この形だけを真似てアマチュアがスイングしようとするとただアウトサイドにテークバックしているだけでスイングバランスを崩す要因になるのです。「左肘を伸ばす=肘を突っ張る」ことではありません。特別なトレーニングをしていないアマチュアは、あくまでも左肘をやわらかく使うことが大切と考えましょう。

 

左肘を伸ばしたままテークバックすると、クラブはただアウトサイドに上がっていくだけになってしまいます。

これもプロのスイングの連続写真を見て勘違いしてしまうこと。スイングはあくまでも一連の動作であり、スムーズな“流れ”を持っています。トップでクラブが地面と平行になっているのは、切り返しのタイミングで反動がつき、結果的に「地面とシャフトが平行になっている」だけに過ぎません。それを真似してトップの位置を決めると実際はその位置よりさらにヘッドが下がってしまい、オーバースイングの原因に。参考にするならクラブが地面と平行になっている写真の1コマ前。決してクラブを地面と平行にするのが正しいトップの位置ではないことを憶えておいて下さい。

 

プロの連続写真はあまり参考になりません。なぜならその写っている1コマ1コマを見て、その形が絶対正しいものだと思いこんでしまう危険性があるからです。参考にしていいのは写真上のトップの位置まで。

テークバックでは、肩を90度以上まわして深いトップを作りなさい。

グリップが腰の高さにくるまで、クラブを立てて[タメ]を作りなさい。

これは、身体の捻りが浅くて早打ちになってしまうのを防ぐため、もしくは大きなタメを作るためのアドバイスでしょう。しかし、必要以上に肩をまわすと本来トップで右足に体重を乗せなければならないのに、逆に左足へ体重が移ってしまいます。この状態でスイングすると体重移動がスムーズにいかず、ボールを引っ掛けてしまいます。極端に言えば、ギッコン・バッタン状態でスイングしているようなもの。あくまでも自分が我慢できる範囲での肩の回転と身体の捻りが必要なだけで、無理に90度以上まわした深いトップを作る必要はありません。目安としては右腿の上に体重が乗る範囲でトップを作るといいでしょう。右腿が回転するところまで、肩をまわしてはいけません。

 

肩を90度以上まわすと、トップで左足に体重が乗ってしまいます。

これはヘッドを走らせるために言われることですね。でもダウンスイングへ入るとき、意識的にクラブを立ててタメを作ろうとすると手でグリップを引き下ろすことになってしまい、結果的に手打ちのスイングになってしまいます。上級者がフックを直すため、というのであれば問題はありませんが、そもそもタメというのはトップからダウンスイングに入るときに、クラブの重さを感じないところまでのことを言います。つまりタメは意識的に作るのではなくダウンスイング時の下半身の動きと上半身の動きのわずかな時間差によって生まれるものなのです。スイングの連続写真で、腰のあたりでクラブが立っているカットを見ますが、あくまでもスイングの流れの中で自然にクラブがそこにきていると捉えて下さい。

トップからダウンスイングに入るときに、クラブの重さを感じないところまでを「タメ」と言います。手を広げてグリップをはさみ、バランスしている範囲を確認してみましょう。
Page >> [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]
注目ワード