ホームゴルフレッスンカン違いだらけのスイング・アドバイス
カン違いだらけのスイング・アドバイス 提供:月刊カジュアルゴルフ
     

インパクトの瞬間にボールをよく見なさい。

ヘッドアップしないためのアドバイスだと思われますが、実際はまったく逆でインパクトの瞬間にボールを凝視すれば凝視するほど、ヘッドアップしてしまいます。雑誌などでインパクトの瞬間に頭を残している写真をよく見かけますが、あれは一連のスイングの一瞬を捉えているだけで、意識して頭を残してボールを凝視しているわけではありません。ボールを凝視すると身体の動きが止まってしまい、捻転をうまく使うことができません。この状態でクリーンにボールを捉えようとするとヘッドアップしてすくい打ちになり、腰を痛める逆C形のフィニッシュになってしまいます。もちろん飛距離も出ません。ダウンスイングからインパクトにかけて、ボールを含めたその周辺を見るぐらいのイメージを持つといいでしょう。ただ、スライスグリップで握っている人は、この限りではありません。

ダウンスイングは左手首の角度を意識して、左手リードでクラブを振りなさい。

ダウンスイングの最中に手首がほどけてしまいフェースが開いた状態のままインパクトを迎えてしまう人がいます。この言葉はおそらくそのような人に向けて言われたのではないでしょうか。しかし、左手をあまり意識しすぎると飛距離が落ちたり、シャンクが出やすくなるので要注意です。手首の角度は左手でも右手でもキープしやすい方の手で行ない、トップから切り返すときだけその角度を意識すればいいでしょう。あくまでもスイングは左右両方の手で行なうのが前提。左手ばかりに意識が集中してしまって右手を使えなくするのは×です。

ダウンスイングでは、クラブをインサイド-アウトに振りなさい。

ドローボールを打ちたい人へのアドバイスとして言われることでしょう。でも、このアドバイスは完全な間違いというわけではありません。スライス回転で右へボールが飛びだしてしまう人にとっては効果的です。但し、インサイド-アウトに振ったときにインパクトからフォローにかけて右腕が左腕より下になっている場合は完全に間違いです。これは極端に言えばボールをすくい打ちしている状態で、ボールに体重が乗らず、飛距離が出ません。クラブを放り出すようにとアドバイスをしている人も見かけますが、この場合もインパクトからフォローにかけて右腕が左腕より上にきていれば問題ありません。そしてフォローではグリップエンドがヘソの方を指し、フィニッシュでクラブが立つのが理想です。

バンカーショットはアウトサイド-インのカット軌道で振りなさい。

バンカーショットの基本的なアドレスはフェースを開き、オープンスタンスを取ります。この状態でスイングすると自然にアウトサイド-インの軌道になっているはずです。この言葉を信じてさらにアウトサイド-インに振ると、ヘッドが砂に潜りやすくなり、ミスショットの可能性が高くなるでしょう。ただピンまでの位置が極端に近く、スピンを効かせたい場合には、あえてカットに入れることは考えられます。しかし、通常のバンカーショットで「まず脱出が第一」という場合にこのセオリーは当てはまりません。

インサイド-アウトに振ったときにインパクトからフォローにかけて、右腕が左腕より下になっている場合は、完全に間違いです。

フェース、スタンスともにオープンに構えるバンカーショットでは、スタンスに沿ってスイングするだけでアウトサイド-インの軌道になります。

フェアウェイウッドはドライバーと同じように払い打ちしなさい。

かつてウッドはすべてパーシモンの時代がありました。この言葉はきっとその当時から言われているものだと思います。パーシモンは現在のウッドよりも重く、フェアウェイからダウンブローで打つとヘッドが刺さってしまうおそれがあるため、スイープにスイングするように言われたのでしょう。しかし、現在道具は変わりフェアウェイウッドでもチタンを素材にした軽量のクラブが主流。そんな軽いクラブを使ってドライバーと同じように振っていくとボールの頭を叩いてトップしてしまう可能性が高くなります。ですから軽量のフェアウェイウッドを使っているなら、むしろアイアンのように打ち込んでいくイメージでスイングしたほうが、ミスショットは抑えられると思います。

ドライバーのフェースは目標に対してスクエアでいい?

最近のドライバーは、ヘッドがかぶった状態で取り付けられています。つまりフックフェースになっているわけです。ドライバーのフェースを目標に対してスクエアにセットしている人を見かけますが、これだと極端にハンドファーストになってしまい、正しいアドレスとは言えません。フェースとボールの位置関係を見るのではなく、ヘッドをポンと地面に置いた状態でシャフトと左腕のラインが一直線につながるようにセットアップして下さい。



フェースを目標に対してスクエアにセットすると、ハンドファーストになってしまいます(写真左)。フェースのかぶった状態が正しいセットアップ(写真右)。

深いラフに入った場合、通常よりも長いクラブを選びなさい。

ラフからボールを打つとき、そのラフによって力が損なわれ、飛距離が伸びないためにこのような言葉が使われているのでしょう。しかし、長いクラブにすればするほど、ボールは捕まりにくくなり、結果的にミスショットへつながります。実際は選択しようとしている番手よりも、2クラブ短い番手を選ぶのがポイント。たとえば7番の飛距離が欲しかったら9番を選ぶ、といった具合。クラブを短くすることで「しっかり振らなければ」という心理が働き、振れば振るほどフライヤーも大きくなり飛距離も伸びるでしょう。たとえそれでミスをしたとしても、長いクラブを使って打ったときよりは多くの飛距離を得ているはずです。

Page >> [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]
注目ワード