ホームゴルフレッスンゴルフ基礎講座ゴルフの基礎02
ゴルフをかじりたい人のための ゴルフ基礎講座 ゴルフの基礎

■クラブの種類

クラブはウッドとアイアンとパターに分かれます。
一日に使用できるクラブの本数は14本と決まっているので、その時々の状況や自分にあった選択が重要になります。

ウッドクラブ
 

ウッドクラブは、主にボールの飛距離をかせぐのに使います。
ボールが低い弾道で飛ぶために落下した後も転がるのが特徴です。
ヘッドの材質によって、種類が分かれます。パーシモン(柿の木)、ステンレス(メタル)、
カーボン、チタンがあります。最近は数多くの人がメタルやチタンを使っています。

アイアンクラブ
 

アイアンクラブは、主にボールを高く打つことによって、止まるようにするクラブです。
番号が大きくなるほど、ボールは高く上がるので飛距離は短くなり、ボールは止まります。
専門店に並ぶアイアンクラブは低重心、ワイドスポットのものがほとんどです。キャビティアイアンがその主です。

パター
 

パターは、グリーン上でパッティングのために使います。
種類は様々で、パッティングには微妙なタッチが要求されるので、数多くのパターに触れてみましょう。
形によって分けると、T字、L字タイプ、トーアンドヒールタイプ、マレットタイプなどがあります。


■クラブの名称
 1.ロフト
 2.フェース
 3.ヒール
 4.ソール
 5.トー
 6.トップエッジ
 7.ネック
 8.スコアリング

■クラブの選び方

まずはゴルフ専門店に行くことをお勧めします。好みなどの希望や経験の長さなどを伝えれば、きっと良い手助けをしてくれるでしょう。専門店には必ず、公認ゴルフ販売技能士という資格を持ったプロがいます。信頼できる専門店と店員さんを見つけるのは上達への第一歩でしょう。最近では、体力の測定データをコンピューターに入力することで、自動的に選出してくれるシステムを取り入れているお店もあります。次は、実際にスウィングしてみることです。身長や体力や経験によってある程度絞られますが、スウィングのフィーリングが一番大切になります。


■ シューズの選び方

疲れないことが一番重要です。一日で歩く距離は6kmを越えてしまいます。実際に履いてみましょう。
基本的にはスパイクですが、女性はソールのゴムに突起がついたスパイクレスシューズのような軽量モデルの方がいいかもしれません。


■ キャディーバックの選び方

キャディーバックを選ぶときは、軽いこと、丈夫なこと、そして好みでしょう。フルセットを入れるならば最低でも口径が20cmはほしいでしょう。練習場に行くときなどは、キャディーバックでフルセットで行くよりもクラブケースなどで気軽に行った方がいいかも知れませんね。


■グローブの選び方

グローブは手の肌を守るためのものですが、あまり厚手の物を使うと繊細なタッチを要求されるゴルフには不向きです。薄手でフィットするものを選びましょう。牛革が一般的ですが雨の日でも滑りにくい合皮タイプの物もあります。



前のページへ
プレーの流れへ
注目ワード