ホームゴルフレッスンゼロスタートレッスン
ゴルフスイングの基本をゼロから学ぶ!!ZERO Start Lesson 提供:月刊カジュアルゴルフ
1.正しいグリップとその作り方 2.正しいアドレスとセットアップ 3.基本のミニスイング・レッスン 4.アイアンのフルショットスイング
5.ドライバーの基本セットアップ 6.ドライバーのスイングづくり 7.フェアウェイウッド・レッスン 8.ショートゲーム・レッスン
6
  ドライバーのスイングづくり
 

アイアン同様、ドライバーショットもまずは小さなスイングから習得します。
始めからフルショットをしない理由は、腕とクラブの理想的な動きを体感するためです

コンパクトなスイングで基本習得

まず、スタンス(両足)を閉じた状態で小さくスイング。腕とクラブの動きだけでボールをとらえる練習をします。それ以外のポイントは基本セットアップと同じ。ボールの置く位置を左足ツマ先か、それよりも飛球線方向にセットして、カラダを大きく使わず、シンプルなスイングでボールを打ってみましょう。腕とクラブの動きに注意してハーフショット気味に打ちます。出球はもちろんドロー回転。距離や方向性にこだわらず、緩やかなドロー回転でボールが飛ぶように練習して下さい。

コンパクトなスイングで基本習得 (写真A) コンパクトなスイングで基本習得 (写真B) コンパクトなスイングで基本習得 (写真C) コンパクトなスイングで基本習得 (写真D)

両足のカカトをつけるようにしてスタンスを閉じ(写真A)、その状態のままスイング(写真B)。 但し、両足のツマ先は意識的に開いておいて下さい(写真C)。ツマ先まで揃えてしまうと、たとえ小さなスイングでも下半身がスウェーしやすくなり、クラブの軌道が不安定になります(写真D)

コンパクトなスイングで基本習得 (写真E) コンパクトなスイングで基本習得 (写真F) コンパクトなスイングで基本習得 (写真G) コンパクトなスイングで基本習得 (写真G) ○

グリップとカラダの距離の目安もアイアンショットと同じ。両ヒザの延長線上にグリップエンドが来るように構えます(写真E)。グリップとカラダの距離が近すぎると(写真F)、テークバックでもフォローでも手元がつまりやすく、それを避けるためにカラダが必要以上に開いてしまいます(写真G)。最初の段階では、腕を自由に使い、腕とクラブの動きだけでボールを打つようにして下さい。いわゆる「手打ち」の状態で構いません。

段階的にスタンスの幅を広げていく
段階的にスタンスの幅を広げていく 1段階的にスタンスの幅を広げていく 2

スタンスを閉じた状態で軽いドロー回転のボールが打てるようになったら、靴一足分を目安にして、段階的にスタンスの幅を広げていきます。最初から通常のスタンスで練習しない理由は「ドライバーは遠くへ飛ばすクラブ」という意識が芽生えるのを抑えるためです。軽く打っても、きちんとしたスイングならボールは遠くへ飛ぶ、そのことを段階的に体感していきます。

この段階でスライス回転のボールが出たら、また振り出しに戻り、一番最初に実践したスタンスを閉じた状態のスイングでドロー回転のボールが出るようになってから再度チャレンジして下さい。それでも直らない場合は、アイアンまで戻って調整しましょう。但し、右方向へまっすぐ飛び出すプッシュストレートは、スイングそのものよりヘッドアップが原因とも考えられるので、その点に注意して出球を確認して下さい。ストレートに出て右へ曲がるスライス、やや左に飛び出して大きく右へ曲がるブーメラン・スライスは絶対にダメです。

Caution!!
スイングの軌道上でボールをとらえる

インパクトでボールを叩きにいくのではなく、あくまでスイングの軌道上でボールをとらえる意識で打つことも大切です。但し、インパクトで両腕がしっかり伸びる意識は持って下さい(写真A)。アドレスでハンドダウンになりすぎない点にも注意(写真B)。過剰なハンドダウンはカラダの動きを詰まらせることになり、チーピンボールの原因に。それを避けようとしてインパクトで腰がヒケると、今度は弱々しいスライスボールになってしまいます。また、ある程度打てるようになってから意識して頂きたいポイントは、無理にタメを作ろうとしないことです。時おりドライバーショットでも意識的にタメを作ろうとしているゴルファーを見かけますが、クラブレングスの長いドライバーは、クラブが勝手にタメを作るようにできています。アイアンのときと同じように、インパクト後は早い段階でグリップよりもヘッドが先行するイメージでスイングしましょう。

スイングの軌道上でボールをとらえる (写真A)1 スイングの軌道上でボールをとらえる (写真A)2 スイングの軌道上でボールをとらえる (写真B)1 スイングの軌道上でボールをとらえる (写真B)2
ドライバーでのフルスイング

ナイスショットのためには、理想的な弾道をイメージすることも大切。まず、イラストで基本的なイメージを描いてみましょう。特に、ボールを叩きにいくカット打ちのクセをつけないためにはインサイドアウトの軌道でクラブヘッドが動き、右に飛び出したボールがドロー回転でセンターに戻ってくるイメージでの練習が基本になります。イラストのように、自分の立ち位置と目標を結んだ線よりも、常に右側へボールが飛び出すのが理想。逆にカット打ちのスイングでは、左サイドに飛び出したボールがスライスしてセンターに戻ってくる弾道になります。これは絶対に出てはイケナイ弾道ですから憶えておいて下さい。右側にボールが飛び出しているのであれば、たとえドローがかからずプッシュストレート系のボールになってもOK。ヘッドアップを抑えることなどで簡単に矯正できます。右へ出て、さらにスライスがかかる場合も同様で、左に打ち出してしまうよりはずっとマシです。では、このことを意識して実際にボールを打ってみましょう。

アドレスは目標に対してスクエア
目標よりも右を狙っていく理由

目標よりも右へ打っていくことをイメージする理由は上半身の捻転を十分に行なうため。このイメージだけで、トップの位置に来たときに背中がきちんと目標を向くようになります(写真A)。逆にボールの打ち出し方向を目標に向けて意識しすぎると、上半身の捻転が浅くなり、トップの位置で背中が左サイドを向いたままのダウンスイングに。結果として左サイドにボールを打ち出し、スライス回転のボールが出てしまうのです。また、ダウンスイングでは右足から左足への体重移動を意識してスイング。但しインパクトで左ヒザが伸びてしまわないように、左ヒザの角度をキープして体重を受け止めることが大切です(写真B)。そうすることでヘッドが加速、ヘッドスピードが速くなり、飛距離を伸ばすことができます。

も右を狙っていく理由 A
目標よりも右を狙っていく理由 Bも右を狙っていく理由 B_01も右を狙っていく理由 B_02
インサイドアウトの軌道を習得する
インサイドアウトの軌道を習得する A インサイドアウトの軌道を習得する B インサイドアウトの軌道を習得する C インサイドアウトの軌道を習得する D

インサイドアウトのスイング軌道を身につけるためのレッスンとしては、写真Aのように右足を少し後ろに引いた状態でのスイングにトライしてみます。まず、目標に対してスクエアにアドレス(写真B)。セットアップができたら、右足だけを後ろに引き、カカトを少し浮かせてクローズドスタンスに構えます(写真C)。この時の注意点は、左足体重になりすぎないこと。通常のショットと同じように、右足に体重を乗せながらテークバックに入ります。但し、クローズドスタンスにそってクラブを引いてしまうと、写真Dのようにクラブを極端にインサイドへ巻き込んでしまうため、バックスイングの始動はスクエアなアドレスを取っているつもりで行なって下さい。ボールの打ち出す方向だけを目標の右方向へ意識。目標より約30ヤードほど右方向を狙うつもりで上半身をしっかり捻転させます。

インサイドアウトの軌道を習得する E

両足をスクエアにしたままインサイドアウトの軌道を意識すると、ダウンスイングで右サイドが窮屈になり、あおり打ちやアウトサイドインのカット軌道になりがち。そこで右足を少し後ろに引くことで、ダウンスイングでクラブがインサイドから降りてくるスペースを作ります(写真E)

Caution!!
この練習方法でチーピンが出たら…
この練習方法でチーピンが出たら A この練習方法でチーピンが出たら B

ここまでの一連のレッスンで基本がシッカリできている人は、初めてのドライバー・フルショットでもドロー回転のボールが自然に出るはず。そんな人は、このクローズスタンスでのスイングだと「チーピン」が出てしまうので、スクエアなアドレスのままでのフルショット練習をオススメします。但し、ボールを打ち出す方向の意識は今回のレッスンと同じ。目標の右方向へボールを打ち出し、ドロー回転でセンターに戻ってくる弾道が打てるようにして下さい。また、スクエアなアドレスのまま打っても「チーピン」が出る場合は、右手の使い過ぎが原因と考えられます。写真Aのように、いったんグリップしてから右手の親指と人差し指を離してスイングしてみましょう。それでも矯正できない場合は、右手でクラブを持ってセットアップに入る、写真Bのようにアドレスでクラブヘッドをボールに近づけて構える、この2つの矯正方法を試してみて下さい。

前のレッスンへ 次のレッスンへ
注目ワード