ホームゴルフニュース

松山、谷原と最終調整 開幕前日も笑顔絶えず

[ 6月15日  7時47分 配信 ]

練習ラウンド4番、アプローチショットを確認する松山(左)と谷原(撮影・亀山泰宏)
練習ラウンド4番、アプローチショットを確認する松山(左)と谷原(撮影・亀山泰宏)

男子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米オープン(15日開幕、ウィスコンシン州エリンヒルズ)の練習ラウンドが14日(日本時間15日)、同コースで行われた。

日本男子初のメジャー制覇へ期待がかかる世界ランク4位、松山英樹(25=LEXUS)は東北福祉大の先輩である谷原秀人とアウト9ホールを回って最終調整。進藤大典キャディーにスマートフォンで撮影してもらう場面もあるなど、スイングチェックに余念がなかった。

ショットのフィニッシュが乱れる場面もあったが、気心の知れた谷原と一緒ということもあり、開幕前日ながら笑顔の絶えないラウンド。終了後はパット、ショットと入念に確認して引き揚げた。

第1日は日本時間午後9時51分に10番からティーオフ。世界ランク9位リッキー・ファウラー(米国)、同10位ジョン・ラーム(スペイン)と同組で回る。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード