ホームゴルフニュース

初出場の小平智「ガンガンいくだけ」最終日に爆発だ

[ 6月18日  23時9分 配信 ]

通算1アンダーでホールアウトした小平。右は同組のカイマー(撮影・亀山泰宏)
通算1アンダーでホールアウトした小平。右は同組のカイマー(撮影・亀山泰宏)

<米男子ゴルフ:全米オープン>◇第3日◇17日(日本時間18日)◇ウィスコンシン州エリンヒルズ(7741ヤード、パー72)◇賞金総額1200万ドル(約13億2000万円)優勝216万ドル(約2億3800万円)

初出場の小平智(27=Admiral)が5バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの73で回り、通算1アンダーの215で35位となった。

3ホール連続でバーディーチャンスを決めきれない不穏なスタート。4、5番では連続ボギーをたたき、前半で2つスコアを落とした。10番では痛恨のダブルボギーをたたいたが「そこで吹っ切れた」。11番はあと少しでイーグルというスーパーショットを見せるなど、後半だけで5バーディーを奪った。同組は14年全米オープンも制しているメジャー2勝のマルティン・カイマー(ドイツ)。「今日に限ればですけど、ドライバーの正確性、ティーショットの安定感は僕の方が上だった」と手応えを感じる部分もあった。

「ガンガンいくだけなので、1打でもスコアを良くして日本に帰りたい。ビッグスコアを出して、トップ10に入りたい」と最終日の爆発を期した。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード