ホームゴルフニュース

宮里優作、父も太鼓判の正確なアドレスで「糸口を」

[ 6月15日  10時1分 配信 ]

カートで笑顔を見せる、松山(左)と宮里(撮影・亀山泰宏)
カートで笑顔を見せる、松山(左)と宮里(撮影・亀山泰宏)

全米オープンが今日15日、開幕する。

宮里優作は日本ツアー賞金ランクトップを走る自らのスタイルを貫くつもりだ。シーズン好調の秘訣(ひけつ)は、この日からコースに入った父優さんも太鼓判を押すアドレスの安定感。練習では松山、ウェストヘーゼンの飛距離に刺激を受けつつ「やりながら、何とか糸口を」と精度、マネジメントで活路を見いだす。最終日翌日の19日が誕生日。「4日間、トータルでアンダーパーで回れれば最高」と36歳ラストマッチの目標を設定した。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード