ホームゴルフニュース

ファウラー首位発進に「しっかり最終日に残りたい」

[ 6月17日  7時34分 配信 ]

15番、ティーショットを放つファウラー(撮影・亀山泰宏)
15番、ティーショットを放つファウラー(撮影・亀山泰宏)

<米男子ゴルフ:全米オープン>◇第1日◇15日◇米ウィスコンシン州・エリンヒルズ(7741ヤード、パー72)◇賞金総額1200万ドル(約13億2000万円)優勝216万ドル(約2億3800万円)

リッキー・ファウラー(28=米国)が7アンダーで単独首位に立った。

ファウラーがメジャー初Vへ最高の滑り出しを見せた。ショット、パットと完璧で「メジャーでこんなにストレスのないプレーはめったにない」。左腕には日系米国人の祖父の名前である「田中豊」という漢字のタトゥーがのぞく米国の超人気選手。交際相手と手をつないでスコア提出所に向かい、プライベートの充実ぶりをうかがわせる一幕もあった。第1ラウンドの7アンダーは大会最多タイ。「記録に残るのはいつだってうれしい。でもまだ初日。しっかりと最終日の記録に残りたい」と話していた。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード