ホームゴルフニュース

テレサ・ルー、同期藍にエールも「私は引退しない」

[ 6月19日  9時49分 配信 ]

優勝トロフィーを手に笑顔を見せるテレサ・ルー(撮影・鈴木正人)
優勝トロフィーを手に笑顔を見せるテレサ・ルー(撮影・鈴木正人)

<女子ゴルフ:ニチレイ・レディース>◇最終日◇18日◇千葉・袖ケ浦CC新袖C(6566ヤード、パー72)◇賞金総額8000万円(優勝1440万円)

4月のスタジオアリス女子を制したテレサ・ルー(29=台湾)が今季2勝目を挙げた。通算11アンダーの首位で出ると、降雨の中でも崩れることなく4バーディー、3ボギーの71で回って通算12アンダー204。2位と5打差をつける独走Vで、ツアー通算14勝目を飾った。

降雨でも安定感十分だった。一時は2位に1打差まで詰め寄られたテレサ・ルーは「雨は面倒だから少ない打数で終わりにしよう」とミス撲滅を徹底。大崩れせず、着実にスコアを伸ばした。

今季限りの引退を表明した宮里藍(31)とは05年米ツアー予選会を一緒に受験した。「藍ちゃんはスーパースターなのに、ご両親もあいさつしてくれて謙虚でビックリした」。宮里とは米ツアー新人セミナーも一緒に受けた間柄だ。

前週サントリー・レディースで再会し「引退が早いよ、ずるいと話したら、ハハハと笑っていました。新しい人生が始まるのはいいことです」とエールを送った。1月に結婚した後、2勝を挙げ「私は引退しないでやります。全力で頑張ります」と強調していた。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード